洗浄力で比較するクレンジング剤

subpage01

正しくクレンジング剤を選ぶために重要なのは洗浄力を比較することです。

人によってメイクの濃さが異なりますが、メイクをきちんと落とすことができないと肌に大きな負担をかけることになります。

もっとも避けなければならないのはメイクを落としきれないことですので、洗った後の肌が綺麗な状態になるように選ばなければなりません。ポイントメイクは専用のリムーバーを使わないと落とせないことが多いので、別に考える必要があります。
色々あるクレンジング剤の種類を比較すると、メイク落ちが一番良いのはオイルタイプです。

しっかりメイクの人でもきちんと落とせるのは油性であるために馴染ませるのがスムーズだからです。

クレンジングの比較に関する情報が閲覧できます。

肌につけた後はしっかりと馴染ませて乳化させるのが洗う時のコツであり、オイルが残らないように洗顔をすることも忘れてはいけません。


刺激がやや強いタイプですので、保湿成分の配合されている商品を使うと安心です。他のクレンジング剤を比較してみると、リキッド・ジェル・クリーム・ミルクの順に洗浄作用が強くなります。
つまり、ミルクはナチュラルメイクの人しか使えないタイプですので注意が必要です。



洗浄作用が弱いと刺激も小さくなる傾向にありますので、乾燥肌やインナードライの肌でもトラブルが起こりにくいというメリットがあります。



ジェルには油性と水性とオイルイン水性とがありますので、テクスチャや洗い上がりの好みに合わせて選ぶことになります。